ふにふにだより

慶應+iroots+スヌーピー = ?

ソイソース事件

 

〇 きょうの1枚 〇

 f:id:marooy:20170217181604j:image

観光地化した電気屋さん

 

 

 

こんにちは〜!

今日は金曜日!!明日明後日のことを考えてやる気が湧いてくる感じとっても好きです。

 

 

 

今日は電気屋さんへ行ってきました。ここ、電気街やアニメが有名な某駅なんですが、建物自体を外国の方が写真に収めている光景をものすごくよく見かけます。

こういう電気屋さん珍しいのかな〜と考えて、海外にはあんまりないことに気が付きました。

 

そんな電気の街に何をしにきたかというと、中国語の電子辞書コンテンツを買いに来ました!!

全く言葉が出来ない時は、語彙力不足に依るところが多いです。文法うんぬんの前に生きるために単語が必要!という状態です。

全く言葉が出来ないのに、勉強しに行くのに、辞書持ってないのは致命的ですよね(´・ω・`)

 

 

 

実は、電子辞書に頼って生活したことがあります。長期留学を決める前、中2の時にアメリカに1ヶ月ホームステイに行った時です。夏休みを一緒に過ごすだけのものでしたが、圧倒的にリスニング能力が向上したのをとてもよく覚えています。

 

当時のわたしは英語を初めてまだ2年も経ってなくてですね(;ω;)

そんな人が行くとどうなるか。ネイティブ同士の会話は95%理解できません(;ω;)!

冗談なんてもちろんわかりません!!!!

 

私向けにゆっくり簡単に話してくれることだけわかるという感じで、みんなの優しさに救われたところが多々ありました。

 

 

 

I'll show you, follow me! というのが聞き取れず、醤油…???ってなっていたのを本当に昨日のことのように思い出します。これは7年経った今でも、ソイソース事件として私とホストファミリーの笑いのネタになっています(笑)

 

あとは訛りでnewという単語が聞き取れなくて、「エヌ、イー、ダブリュー」と綴りを言ってもらってようやく理解したということがありました。この時から訛りや発音について割と固執するようになりました。

 

 

 

中国は広いので地方により訛りもひどく、発音が難しいと言われている子音はテキトーでも伝わるらしいです(笑)

それより大事なのは声のトーンである声調だと耳にしたことがあります。

 

声調については他言語にも存在するので、またコラムにできたらな〜と思ってます(∩・∀・)∩

 

 

 

そういえば、ホストファミリーは会ってすぐに「理解していないことがあったら必ず言いなさい。分かったふりをしない。これは約束」と言ってくれました。今思うとこれ、語学上達の秘訣ですね…!! 中国でも図々しくそれわかんなかった!とアピールしていこうと思います(・∀・`*)

 

 

 

今日はこの辺りでおさらばします!今から荷造り頑張ろ〜( ;∀;)