ふにふにだより

慶應+iroots+スヌーピー = ?

弱冷房車

◯きょうの1枚◯

f:id:marooy:20170511091240j:image

慶應義塾大学三田キャンパス南門

 

 

おはようございます☀

GWも終わり日常に戻って4日目ですね…。最近やっと祝日がしばらくない現実と日常を受け入れました。

 

 

今日はとても気温が高く、こんなんで夏大丈夫かな〜と思っています。ちなみに本日のタイトル、弱冷房車。

確かに案としては素晴らしいかもしれませんが、満員電車の時間帯はやめてくれ〜(´・ω・)と思ってしまいます。かなり暑いです。

いつも乗ってる電車なのに車両位置を覚えていないのが悪いんですけどね〜

大学生だと毎朝同じ時間に家を出るわけではないので、時間によって来る車両等少しずつ違う上、人の多さもかなり違うといったことが起きます。「××駅で降りるお決まりの人」を探して毎朝座ることも出来ず大抵立っています。

毎朝同じ時間に起きて早くから行くのがベストなんでしょうけど、、、朝はつらいです。

 

 

朝辛いといえば。

最近大学で、社会に一度出てから学び直している方に出会いました。大学院へ通う傍、経営も行っているとか。

朝4:30に起きて1時間勉強、5:30から7時ごろまでは家事をこなすそうです。そして7:30ごろ家を出て午前中出社、午後に授業に出て、終わったら会社へ戻ってお仕事をなさるとの事でした。

 

大学へ通う1つの面白さは、このようにいろんなバッググラウンドを持つ人に出会えることなんじゃないかなあと思います。三田キャンパスでは、聴講生として授業に出ているおじいさんを見かけたり、日吉キャンパスに比べると留学生が多く在籍していたり。

「多様性」という観点からすると、東京という立地は有利な点なのかもしれません。

 

 

自分と近い人と一緒にいるのは気楽で楽しいですよね。一方で、全く違う人の話を聞くのも大切なことで、かつ面白いことだと思います。

人生にリセットボタンはないので、そっちの方がいいな〜と思ってもその人の代わりになって生きることは出来ません。そこで話を聞くことで、いわば疑似体験みたいなことが出来るんじゃないかな〜と。

知らない人がたくさんいるところへ飛び込むのには勇気がいりますが、勇気出した甲斐があったなあと思えるだけの価値があるのではないでしょうか。

 

 

就活して行く上でも大事なポイントだな〜と思うこの頃です。

自分の人生話を人事に直接訴えられるirootsもお忘れなく!笑

→ http://iroots.jp/

 

では今日も1日頑張りましょう〜💪